ASAPについて

「安斎科学・平和事務所」開設のお知らせ

2010年に古稀(70歳)を迎えた私は、2011年3月で立命館大学を退職しました。国際平和ミュージアム名誉館長は継続ですが、2011年4月より、京都駅から徒歩3分のところに新たに事務所を開設し、「安斎科学・平和事務所」(Anzai Science & Peace Office,略称:ASAP)を立ち上げました。略称の“ASAP”は、英語のas soon as possible(できるだけ早く)の省略形“asap”に通じています。

ASAP〈アサップ〉は、科学的なものの見方・考え方や、平和創造のための私たちの行動について、皆さんとともに考えることを目的としています。今後、広く科学や平和の問題についての企画を、アイデア豊かに展開していきたいと思いますので、ご支援・ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

なお、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東北関東大震災)の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、1960年代から日本の原子力政策批判に取り組んできた者として、今回の原発事故の真相解明に取り組み、情報を発信し続けることは、ASAPの重要な役割の一つであると認識していることを申し添えます。困難を見据え、明日に向かってそれを乗り越えるために最善を尽くすこと─それは私の変わらぬ信条でもあります。ご指導下さい。

安斎育郎

安斎科学・平和事務所

〒600-8216
京都市下京区東塩小路町547-4
ステーションコートヤード 802
TEL:075-741-7267
FAX:075-741-7282
(月・水・金 午後在室)

講演会等用顔写真